TOP_PIC.png

私たちは検体検査のプロセスを
変えるチャレンジャーです

Mission

検体検査を容易にする革新的プラットフォームを提供しすべての人の健康と福祉に貢献する。

Person for community, Community for person

Mission_Folks.png

ユニバーサルバイオサンプリングシステム(UBiSS®︎)とは

UBiSS®︎システムは個人のバイオサンプルを経時的に大量に残し、次世代につなぐプラットフォーム・システムの総称です。

UBiSS®︎カードを活用し検体検査におけるシームレスな
情報サービス提供を実現

*UBiSS®︎カードは液体検体(唾液、血液、尿等)を中央の特殊スポンジに採取し乾燥させる「検体採取及び輸送・保管ツール」です。また、カードには固有の検体番号を持つので被験者並びに検査センター双方の管理が容易です。一枚のカードで複数項目の検査が可能です。

  *Universal Bio-sampling systemの略です。

液体から固体へ

既存の液体検体の輸送並び保管で必要であった冷凍・冷蔵設備が不要。常温での省スペース、省エネルギーの処理が可能です。

使用事例(口腔内粘膜・唾液検体)

回収から検査、情報を見るまでのプロセス

唾液採取用スワブを1分ほど口に含み、そのあと歯ぐきの外側・内側、頬の内側を10回程度こすり、唾液で十分に湿らせてください。

  *30分前にうがいをして採取まで飲食を控えてください。

UBiSS
カードの真ん中の窓の部分に唾液を含んだスワブを転がすように押しつけます。スワブは寝かせて転がすように押しつけてください。

05.jpeg

検体を染み込ませたUBiSSカードを所定の方法で封入しそのまま郵送で所定の検査ラボへ送ります。  

1日に5,000検体という大量処理を迅速に行う装置を使って作業を行います。

06.jpg

検査結果は直接個人がスマホなどを通じて受信することが可能です。

UBiSS®︎の特徴

唾液や血液などのバイオサンプルを固体の状態(固相化)で保管できるUBiSS®︎カードを使った冷蔵・冷凍保存が不要で常温でのバイオサンプルの採取、輸送、保管ができる新しい検体検査システムです。

ビジネスモデル

検体検査プロセスの「前行程の自動化」と「検体検査のデジタル化」を事業のコアとする 効率的検体プロセスを必要とする分析技術保有者(企業・研究機関)との協働を進める 検体キット、検体分配のための自動化機器の販売、プロセスのライセンス販売、ICTの使用許諾

8c.png
8a.png

・液体検体を固相化することで検体  の安定化、常温輸送を実現

・専用機械により検体の自動分配が  可能となることで大量処理を実現

8b.png

*先進的分析手法を普及させるための効率的な大量検査を可能にする

*唾液によるガン検査など

8c.png

・検体採取から分析結果のフィード  バックまでをICTで繋ぐ

・専用クラウドシステムで被験者へ  分析結果を直接通知

UBiSS®︎はあらゆる検体検査領域で利活用される国際標準デバイスへ

動物用途検査

血統検査、

遺伝子疾患リスク、

がんリスク

一般遺伝子検査

アルコール体質検査

など

感染症領域

マス・スクリーニング(大量輸送・処理)

 

トレーサビリティを活かした状態証明 (タイムスタンプ付検体)

医療向
遺伝子リスク検査

がん、認知症、

生活習慣病、

遺伝子疾患

What's New

hyougo.png

2022年1月21日 ひょうご神戸・ピッチイベント(ひょうご神戸 ネクスト・スタートアップコンテスト事業)にて、弊社代表取締役 平田史明が登壇します。

スクリーンショット 2022-01-06 2.41.42.png

2022年1月6日 日本語版ホームページが、リニューアルされました。

KOIN.png

2021年11月25日 KOIN(Kyoto Open Innovation Network)にて、弊社代表取締役 平田史明が登壇しました。  

メドテック.png

2021年10月 メドテックグランプリ神戸2021で損保ホールディング賞を受賞しました。

お問い合わせ

  • Facebook

株式会社ユニバーサル・バイオサンプリング

会社名 株式会社ユニバーサル・バイオサンプリング

(メドテックKOBE2021にて、SOMPOホールディングス賞受賞 2021年10月9日)

代表取締役:平田史明

​設 立​: 2020年8月

資本金: 2500万円

<本社>〒 160-0003 東京都新宿区四谷本塩町14-13

​<神戸支店>〒 650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町6丁目3番7 CLIK306号室

事業内容:

検体検査プロセスの変革を目指し、 1.固相化検体キット、 2. 自動化装置、3. ICT

を組み合わせたプラットフォームを開発

革新的検体検査プロセスUbiSSⓇ(Universal Bio Information Sampling System)

​をB2Bで提供